【乾燥肌】スキンケア年代別選び方特集:赤ちゃん編

【乾燥肌】スキンケア年代別選び方特集:赤ちゃん編

赤ちゃんの肌といえば、“プルプル弾力で潤いたっぷり”というイメージがあります。

 

しかし、潤っているのは生後2~3か月くらいまでで、徐々に乾燥していきます。

 

そのまま放っておくと慢性的な乾燥肌となり、ひどい場合は乾燥性乳幼児湿疹となることも珍しくありません。

 

赤ちゃんがかゆがっている姿、痛がっている姿を見るのはママとしてとても辛いことですよね。

 

ここでは赤ちゃんが乾燥肌になる理由と乾燥肌を治すための対策法をご紹介したいと思います。

 

>>赤ちゃんの乾燥肌におすすめの「ファムズベビー」 使ってみたレビューを見てみる

 

赤ちゃんなのに乾燥肌!?その原因とは?

水分たっぷりプルンプルンの赤ちゃんの肌は、なぜ、乾燥していくのでしょうか?

 

赤ちゃんの肌が乾燥していく原因

  • 赤ちゃんの肌は薄くてデリケート
  • 皮膚の機能がまだ十分でない
  • 遺伝的に乾燥してしまう

 

赤ちゃんの肌は薄くてデリケート

赤ちゃんの肌の薄さは大人の半分しかありません。

 

また、外部からの刺激を守る角質層も薄いですし、バリア機能も未熟な状態です。

 

そのため、空気や紫外線などの刺激によって肌内部に溜まっている水分はどんどんと蒸発していきます。

 

皮膚の機能がまだ十分でない

赤ちゃんの皮膚機能(皮脂分泌や水分保持能力)は、まだ、未熟です。

 

生後3か月あたりまで非常に過剰に分泌されていた皮脂も生後4か月を過ぎると徐々に減っていきます。

 

皮脂膜を上手に形成することができず、肌から水分が抜けやすくなっていくのです。

 

遺伝的に乾燥してしまう

親からの遺伝の影響もあります。

 

親のどちらかが乾燥肌であれば、赤ちゃんにも遺伝する確率は高まるでしょう。

 

特に親の一人でもアレルギー体質だったり、敏感肌だったりしたら要注意。

 

赤ちゃんの肌の変化を日頃から観察し、おかしいと感じたらすぐに医療機関で診てもらうことをおススメします。

 

赤ちゃんの肌の乾燥を甘く見てはいけない

そのまま放っておくと肌荒れはエスカレートし、服やおむつを着用するだけで肌が傷つき、ちょっとした摩擦で皮膚が切れてしまうでしょう。

 

バリア機能が弱まっているので外部からの菌やウイルスも侵入しやすく、病気になりやすい体になることも予想されます。

 

そうなると赤ちゃん自身が辛くなってしまいます。

 

自分から乾燥肌対策ができない赤ちゃんのためにもママが責任をもって赤ちゃんの肌を守っていきましょう。

 

日常生活の中でできるケア法

  • ローションやクリームで「保湿」する
  • 肌を洗い過ぎない(洗うときは優しく)
  • 部屋の中を加湿しておこう

 

ローションやクリームで「保湿」する

乾燥肌対策にはとにかく「保湿」です。

 

ベビーローションやクリームなどを購入して積極的に塗ってあげましょう。

 

ベビーローションやクリームの場合は、

  • 朝起きたとき
  • 外出する前
  • お風呂上がり

など決まったタイミングでつけてあげる習慣を。

 

「肌が乾燥しているな」と感じたらすぐに付けるという配慮も赤ちゃんの肌を乾燥から守るコツとなります。

 

肌を洗い過ぎない(洗うときは優しく)

赤ちゃん専用の低刺激タイプの石けんで泡立ててから、手でやさしく洗ってあげてください。

 

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。

 

「かゆそうだから」といってゴシゴシ洗いは厳禁ですよ!

 

室内を乾燥させない

冬などは特に加湿器などをかけて“室内の湿度を50~60%に保つ”ようにしてください。

 

赤ちゃんが主に過ごすところは家の中です。

 

だからこそ、室内を乾燥させないよう気を配ることが大事ですね。

 

>>赤ちゃんの乾燥肌におすすめの「ファムズベビー」 使ってみたレビューを見てみる

 

赤ちゃんの肌に一押しの保湿クリーム紹介

 

アロベビーミルクローション

「乳児湿疹がすぐに良くなった!」という口コミで一気に赤ちゃんの乾燥肌対策として人気となった天然由来成分の国産オーガニック商品です。

 

 

高保湿成分であるホホバ種子油とシアバターを配合しているので、水分をしっかりと閉じ込めて長時間赤ちゃんの肌を潤すことができます。

 

無香料、無着色、界面活性剤フリー、パラベンフリーという低刺激だから、デリケートな敏感肌の人から赤ちゃんの肌まで安心して使える自然派保湿ローションです。

 

水の彩(低刺激性保湿クリーム)

乾燥肌の赤ちゃんから敏感肌の人、乳幼児のアトピーの人まで安心して使えるのが無添加保湿クリーム「水の彩」です。

 

 

水以外の不純物をすべて取り除き、海藻成分、アロエ、マリンコラーゲン、保湿成分ヒアルロン酸、スクワランをプラスした保湿ゲルクリーム。

 

もともとは、普通の保湿クリームが使えない敏感肌の人のために開発されました。

 

肌に負担を与える香料や着色料、鉱物油、石油系合成界面活性剤を一切使わずに徹底的に肌に優しい成分のみを使用しています。

 

アトピーや敏感肌の人で悩んでいる人にも喜ばれている商品です。

 

まとめ

赤ちゃんの肌が乾燥しやすい理由と対処策を分かっていただけたでしょうか。

 

赤ちゃんの乾燥対策で最も効果的なのが「保湿」です。

 

ローションやクリームなどで保湿をすれば乾燥から赤ちゃんの肌を守ることができます。

 

赤ちゃんは肌がかゆくて辛くても自分で乾燥肌対策はできません。

 

だからこそ、私たち大人が責任をもって赤ちゃんの肌を乾燥から守っていきましょうね!

>>肌内部から乾燥肌を改善できる! 化粧水・美容液ランキングを見てみる