【乾燥肌】スキンケア年代別選び方特集:40代編

【乾燥肌】スキンケア年代別選び方特集:40代編

40代に入り「今までの化粧品が全く合わなくなった」と感じたことありませんか?

 

40代の肌の水分保持能力は20代の約半分も減少し、乾燥肌まっしぐら。

 

「本当のお肌の曲がり角」に突入しました。

 

目元のシワやフェイスラインや毛穴のたるみも目立ってくるのは保湿ケアを怠っていた証拠とも言えます。

 

そこで考えたいのが40代の乾燥肌を改善するためのエイジングケア。

 

ここでは、40代の肌が乾燥してしまう原因や40代の女性におススメしたい乾燥肌対策法などをご紹介いたします。

 

>>40代の乾燥肌を改善できる! 化粧水・美容液ランキングを見てみる

 

40代の肌に何が起こっているのか?

40代で乾燥しやすい主な理由は

  • 女性ホルモンの減少やバランスの乱れ
  • 新陳代謝(ターンオーバー)の低下
  • 角質の水分や油分の減少

など、加齢による体や肌の変化によって乾燥を招いてしまうケースばかりです。

 

特に注目すべきは、女性ホルモンの減少です。

 

肌と女性ホルモンには密接な関係があります。

 

たとえば、生理前に肌が荒れたり、誰かに恋をしているときは肌が潤っていたり、いずれも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

このように肌に大きな影響を与える女性ホルモンも40代後半になると急激な減少を迎えます。

 

女性ホルモンの働きが弱まると当然、肌にも影響が出てくる。

 

肌の乾燥もその一つです。

 

女性ホルモンにはプロゲステロンとエストロゲンの2つがあります。

 

その中でもエストロゲンは、別名「美肌ホルモン」と呼ばれるくらい、肌の潤いやハリを保つのに欠かせないホルモンです。

 

肌の水分保持を調整し、真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進して、肌の潤いやハリを保つだけでなく、シワやたるみを防ぐ働きもあります。

 

エストロゲンが正常に分泌されている若い頃は、肌の乾燥を始めとしたトラブルとは無縁であったと思います。

 

しかし、40代ともなるとエストロゲンの分泌は減少していくもの。

 

エストロゲンの分泌が減少することで、肌の水分保持機能がうまくいかず肌は乾燥し、コラーゲン合成が働かなくなりハリもなくなっていく…。

 

新陳代謝(ターンオーバー)も低下するので、シミや肌のごわつきが気になってくるでしょう。

 

乾燥肌を放っておくとどうなるの?

乾燥肌を放っておくと小じわができやすくなります。

 

特に皮脂腺の少ない目の周りに笑いシワや口元にほうれい線が深く刻まれていくなどの症状に悩まされます。

 

また、乾燥肌の状態が進んでいくと「皮脂を守らなくては」と皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されて乾燥肌から脂性肌に変わってしまう可能性も大いにあり。

 

目の周りや口元に小じわができているにも関わらず顔全体は脂でベトベトになってしまうというとんでもない状況になっていくことが予想されます。

 

40代女性におススメの乾燥対策とは?

40代女性におススメしたい乾燥肌対策をここでご紹介したいと思います。

  • 保湿を重視したエイジングケア化粧品をつかう
  • 目元専用アイクリームで集中ケアを

 

保湿を重視したエイジングケア化粧品をつかう

エイジングケアの原点は保湿です。

 

保湿成分の中でも最も保湿力の高いのが「セラミド」という保湿成分です。

 

セラミドの他に有名な保湿成分として「ヒアルロン酸」もありますが、ヒアルロン酸は、肌の表皮を保湿することができても、肝心の肌内部まで成分は浸透できません。

 

しかし、セラミドは肌内部まで浸透し、潤いある肌を保つことができる成分です。

 

だから、乾燥の進んだ40代の肌には絶対におススメしたいのです!

 

セラミドにも色々種類がありますが、「ヒト型セラミド」は一押しです。

 

その理由は、人間の肌に含まれるセラミドと同じ構造でできているので肌への刺激も少なく、非常に保水能力に長けているからです。

 

ヒト型セラミドの見分け方は成分表示を見れば分かります。

 

成分表示の「セラミド」の後に1.2.3.4・・・と数字やNP、APなどアルファベットが書いてあるものがヒト型セラミドです。

 

保湿能力の高いセラミドだけでなく

  • エラスチン
  • ナイアシンアミド

などの成分もエイジングケアに欠かせないのでぜひ積極的に取り入れてくださいね。

 

エラスチン

エラスチンは保湿効果のある今注目の成分!

 

もともと真皮にある成分で肌の土台となるコラーゲンに結びついてゴムのように収縮し、肌がバネのような弾力を保つための働きをしています。

 

エラスチンが肌に存在しているからこそ、肌にハリや弾力が保てるのです。

 

しかし、30代後半になると徐々にエラスチンは減っていき、それが乾燥、肌のたるみやシワの原因となってしまいます。

 

コラーゲンに比べるとエラスチンの知名度はかなり劣ります。

 

しかし、肌になじみやすいうえに水分含有力があるため、最近ではエラスチンが配合されている化粧品も増えてきました。

 

エラスチン単独でつかっても保湿効果は得られますが、「水分含有力がある」だけなので時間が経つとやがて蒸発してしまいます。

 

乾燥がひどい場合は、エラスチン単独だけでなく「水分をはさみ込む」タイプであるセラミドが配合された化粧品と併用するとよりうるおい効果を感じることができるでしょう。

 

ナイアシンアミド

ナイアシンアミドという成分は水溶性ビタミンで「ビタミンB3」とも呼ばれています。

 

コラーゲン合成、肌の代謝アップに欠かせない成分で、ナイアシンアミドを取り入れると肌にハリを感じることができます。

 

肌のサビを予防する抗酸化成分としても有名で古くなった細胞を活性化させる働きもあります。

 

ナイアシンアミドはお肌への刺激がとても少ないので乾燥肌や敏感肌の人でも安心して使えるというメリットがあるのです。

 

「お肌は弱いけど、エイジングケアをしてみたい!」という乾燥肌や敏感肌の人に向いている成分といえるでしょう。

 

目元専用アイクリームで集中ケアを

皮膚の薄い目元や口元は乾燥によるシワができやすい部分。

 

目の周りに皮脂腺はほとんどなく、皮膚自体が薄いといった他の部分の皮膚とは明らかに違う構造をもっています。

 

目周りは小じわだけでなく、目のくぼみによる老化顔にも悩まされるでしょう。

 

目元がしっかりと保湿されていると小じわやくぼみなど症状に悩まされることがなくなります。

 

だから、普段のケアに加えて、目元専用クリーム(アイクリーム)を利用するというのが賢い対策です。

 

保湿成分が配合されたアイクリームを使うことで目元の水分をしっかりとキープ。

 

コラーゲンの生成を促して目元にハリと潤いを与えてくれます。

 

だから、小じわやたるみ、くぼみなど目元トラブルを回避してくれて若々しい目元を作ることができるでしょう。

 

>>40代の乾燥肌を改善できる! 化粧水・美容液ランキングを見てみる

 

40代の乾燥肌におススメなスキンケア商品紹介

ロべクチン プレミアムクリーム(高濃度保湿クリーム)/プレミアムボディローション(保湿ローション)

2年間で世界売り上げ100万本を突破したロべクチンがいよいよ日本にも上陸しました。

 

ロべクチンの特徴は徹底した“低刺激”と“高保湿”にあります。

 

デリケートな乾燥肌や敏感肌の人のために刺激のある成分(パラベンフリー、石油系界面活性剤フリー、無香料など)は一切使っておりません!

 

だから、肌が赤くなったり、かゆくなったりする心配なく安心して使えるのが嬉しいですね。

 

15種類の天然美容保湿成分(アスタキサンチン、ヒト型セラミド(セラミド3、ナイアシンアミドなど)を配合しているから、低刺激なだけでなく極度の乾燥肌であっても少しずつ潤いあるプルプル肌に改善されていくはず!

 

  • プレミアムクリーム(顔専用)
  • プレミアムボディローション(ボディ専用)

2タイプがあります。

 

どちらも伸びがよく、さらりと広範囲に広がる心地良さがポイント。

 

「高保湿なのにべたつかない」から非常に気持ちのよいテクスチャーだと思いました。

 

>>ロベクチン プレミアムクリーム・ボディローション使用レビュー

>>ロベクチン プレミアムクリームのトライアルの使用レビュー

 

ビーグレン トータルリペア アイセラム

リペアとは回復の意味。その名の通り、乾燥でシワシワ気味だった目元をみずみずしくハリと潤いに満ちた目元に仕上げてくれる目元専用の美容液です。

 

肌への刺激を抑えた安心な成分でてきています。

 

テクスチャーも伸びがいいのでデリケートな目周りであっても負担をかける心配はありません。

 

シワを伸ばすというその場しのぎのアイクリームとは全く違い、根本的に目元に若さを取り戻すことができる優れた特徴があります。

 

繊維芽細胞を活性化させるFGFや表皮細胞を活性化させてくれるIGF、シワを予防するシンエイクなど。

 

目のちりめんジワを解消する成分がたっぷり配合されています。

 

ES1_R

>>ビーグレンのトータルリペア アイセラムを見てみる

 

 

まとめ

40代の乾燥肌を改善するポイントはこの2点です。

  • 保湿を重視したエイジングケア化粧品をつかう
  • 目元専用アイクリームで集中ケアを

スキンケア商品もエイジングケア用のものにシフトチェンジすることで乾燥肌に伴うシワやたるみを予防することが可能になります。

 

また、目元や口元など乾燥によってシワができやすい部位に対しての集中ケアも始めることも重要です。

 

40代は心身や肌ががらりと変わっていくとき。

 

今までのスキンケア商品とさよならしてエイジングケア用に思いきって変えてみませんか?

>>肌内部から乾燥肌を改善できる! 化粧水・美容液ランキングを見てみる